ホームインスペクションの現場には立ち会うべき

ホームインスペクション(住宅診断)を利用される方から、「ホームインスペクションの際には自分も立ち会わなければいけませんか?」と聞かれることが少なくありません。

ホームインスペクション(住宅診断)の現場で、何を見てどのように判断して診断結果を出しているかご理解頂くためには、やはり現場へ立会いに来て頂くことを強くお奨めしております。ご依頼者が立会いされなくとも実施することは可能ですが、せっかく費用を負担してインスペクションするのですから、ぜひお立会い頂きたいと考えています。

ホームインスペクションへの立会い

立会いできない場合であっても、診断結果を報告書にまとめてお送りしておりますので、結果を確認して頂くことはできます。報告書を見てわからない点があれば、ご質問にもお答えしております。しかし、現場で実際に見て説明を受ける方がはるかにご理解頂きやすいことでしょう。

大きな買い物をするときですから、時間を作って頂いて立ち会って頂ければと考えております。

ところで、ホームインスペクション(住宅診断)に立ち会わない方の理由としては、以下のようなことが挙げられます。

ホームインスペクションの日に休みを取れない
契約や引渡しを急かされていて次の休日まで待てない
不動産会社に任せているので必要ないと考えている

特に売買契約の前にホームインスペクション(住宅診断)を利用したいものの、契約日までのスケジュールにゆとりがなく、自分自身が立会える日までに他の人が先に購入してしまう可能性があるという方は、立会い無しで診断をしようと考えることがあります。

契約日を延期したり、ホームインスペクションを終えるまで物件をとめて頂けたりするか確認し、まずはスケジュールにゆとりを持たせるよう不動産業者と話し合うことを優先した方がよいです。それが無理な場合には、立会いなしで実施するか判断されるとよいでしょう。

ただ、親族の方に代わりに立ち会って頂くなどして、ホームインスペクションをどなたかが現場で見ておくことを検討してください。

立会いされる依頼者の方の多くが、現場でインスペクションを進めて行く様子を見るうちに疑問がわいてきて何らかの質問をするものです。現場で立ち会うことで思い浮かぶ疑問があるため、不動産会社に任せているので必要ないとお考えの方でも、立会いを考えた方がよいでしょう。

執筆者:荒井康矩株式会社アネストブレーントラスト